トナミHDが13年3月期経常利益予想を上方修正、事業構造改革の進展が奏功

 トナミホールディングス<9070.T.>がこの日の取引終了後、13年3月期の連結業績見通しを従来予想の売上高1202億円、経常利益23億円から、売上高1161億円(前期比1.4%減)、経常利益29億円(同79.2%増)へと経常利益を上方修正した。足もとの状況から売上高は従来予想を下回るが、不採算取引の見直しなどによる事業構造改革が進展した結果、各利益は増額されるとしている。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)