4日のNY株式市場の概況 利益確定売り優勢で反落

4日のNY株式市場は、NYダウが1万3880.08ドルの129.71ドル安と大幅反落し、ナスダック指数は3131.17の47.93ポイント安と反落した。この日は、政局不安からスペインやイタリアの国債利回りが上昇し、欧州株式が軒並み安くなったことや、朝方発表された昨年12月の米製造業受注が市場予想を下回ったことで、昨日5年4カ月ぶりにNYダウが1万4000ドル台を回復したことによる目標達成感も出て、利益確定売りが優勢となり、終日軟調な展開の中、取引を終えた。ハイテク株比率の高いナスダック指数も売りが先行する軟調な展開で、アップルやグーグルなどの指数に影響の大きい主力株の下げも手伝い、反落して取引を終えた。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)