<マーケットアイ>=パナソニックS高、主力株に強烈買い(2)

 パナソニックが1日発表した12年4~12月期の累計連結決算は、最終損益が6238億円の赤字となった。4~9月期の最終赤字に比べ613億円改善しており、業績底打ちを印象付ける内容となった。また、営業利益も前年同期比で3.1倍の1219億円の黒字となり、大幅に改善した。継続的なリストラの実施と、事業見直しで収益力が回復したうえに、昨年11月半ば以降の外国為替市場での対ドル、対ユーロでの急速な円安進行により、為替差損が解消に向かっていることも大きな支援材料となっている。なお、4~12月期の連結売上高は、5兆4396億円(前年同期比8.8%減)となった。

 業績に底打ちの兆しが鮮明となっているにも関わらず、13年3月期通期の業績予想については、昨年10月末の4~9月期決算発表時に公表した売上高7兆3000億円(前期比7.0%減)、最終赤字7650億円を据え置いている。

 4半期ベースの12年10~12月期でみると、最終損益は614億円の黒字となり、2四半期ぶりに黒字を確保した。日中関係の悪化で、白物家電を中心に中国での売上高が約400億円減少したものの、東南アジアでの白物や、米国やアジアでの自動車関連商品の拡大や、様々なコスト削減でカバーした。

 パナソニックは、昨年10月末の4~9月期決算発表時点で想定為替レートを、1ドル=79円、1ユーロ=99円としていた。対ドルで1円の円安で25億円、対ユーロで1円の円安で20億円の営業利益プラス要因と試算される。現状の1ドル=92円、1ユーロ=126円で試算すると、合わせて865億円の増益要因となる。これが来期の14年3月期の収益回復に貢献することになる。同社の場合、今後も構造改革費用の計上は続くものの、底打ち反転攻勢への環境は整いつつあるようだ。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)