◎欧米外為市場サマリー

 4日のニューヨーク外国為替市場の円相場は1ドル=92円36~37銭と前日に比べ40銭強の円高・ドル安となった。ロンドン市場では一時、93円17銭前後と2010年5月以来、2年9カ月ぶりの円安・ドル高を記録した。ただ、その後は円買い・ドル売りが強まった。スペインのラホイ首相や与党幹部が不正に資金を受け取ったと報じられたことを受け、ユーロは下落。イタリア総選挙への懸念もあり、スペインやイタリアの国債利回りが上昇した。欧州の政局不安の高まりを受け、円は対ドルで92円30銭台、対ユーロで124円80銭台への円高が進んだ。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)