カプコンが5連騰、第3四半期大幅増収増益を好感

 カプコン<9697.T>が5連騰。4日大引け後に今3月期の第3四半期決算を発表、連結売上高726億9900万円(前年同期比44.6%増)、営業利益98億3800万円(同45.9%増)と大幅な増収増益となったことが好感されている。「バイオハザード6」(PS3、Xbox360用)の販売が伸び悩み、計画未達となったが、「ドラゴンズドグマ」(PS3、Xbox360用)が国内で予想以上のヒットを放ち、近年のオリジナルタイトルとしては、異例のミリオンセラーを達成している。通期でも売上高935億円(前期比13.9%増)、営業利益100億円(同18.8%減)と2ケタ増益を見込んでいる。またソニー<6758.T>などが次世代ゲーム機の発表を控えるなかで同社の動向も注視される。

カプコンの株価は9時41分現在1637円(△88円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)