GNIが急反発、中国での特発性肺線維症治療薬の製造販売許可申請を好感

 ジーエヌアイグループ<2160.T>が急反発。株価は一時、48円高の194円まで買われ昨年12月17日に付けた高値199円を視野に入れている。前日比4日大引け後に特発性肺線維症治療薬F647に対する製造販売許可申請書を子会社・北京コンチネントファーマスーティカル社を通じて国家食品薬品管理局に提出したことが好感されている。
 F647は100%子会社である上海ジェノミクス社が開発した新薬で、新薬承認を2011年9月に中国で取得している。中国ではその商品化には製造販売許可が別途必要となるため、製造拠点として同社の中国子会社である北京コンチネントファーマスーティカル社を活用し、必要設備の整備と本薬剤の製造技術の確立を図ってきた。今回、製造技術の確立などが進んだことから製造販売許可申請に至っており、許可取得後、速やかに製造販売を開始する予定。

ジーエヌアイグループの株価は10時19分現在179円(△33円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)