昭電工が底堅い展開、「ブタジエン」生産に参入と報じられる

 昭和電工<4004.T>が全体相場が軟調な展開の中、底堅い動きとなっている。きょう付の日本経済新聞で、タイヤなどに使う合成ゴムの原料「ブタジエン」の生産に参入すると報じられたことを材料視。記事によると、溶剤向け化学品を転用する新製法を確立し、大分コンビナートで16年から生産を始める計画としているとしており、自動車生産の拡大などで世界需要は増えていることから、新技術で市場開拓をめざすという。

昭電工の株価は10時29分現在139円(▼1円)。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)