オカモトが小幅反落、好業績観測報道も反応薄

 オカモト<5122.T>が小幅反落。5日付の日本経済新聞が「4~12月期の連結営業利益は26億円程度と前年同期比1割弱増えたようだ」と報じたが反応はなく、全般地合いの軟化に伴い小口の売りに押されている。冷え込みが厳しくなったため、カイロや雨具、長靴などの日用品が堅調だったと伝えたが、会社側は10時30分に「業績についての記事が掲載されたが、当社が発表したものではない」とコメントを出した。4~12月期決算は明日6日発表の予定。

オカモトの株価は11時30分現在311円(▼1円)。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)