東ソーが反落、第3四半期2ケタ減益を嫌気

 東ソー<4042.T>が反落。4日引け後に発表した第3四半期累計(4~12月)連結決算で、売上高4744億100万円(前年同期比9.6%減)、経常利益145億2400万円(同17.9%減)と2ケタ減益に終わったことを嫌気している。11年11月に発生した南陽事業所第二塩化ビニルモノマー製造設備事故の影響で販売数量が減少したほか、欧米メーカーが中国での生産能力を増やした影響から塗料原料などに使うエチレンアミンの市況が悪化したことなどが響いた。
 なお、13年3月期は売上高6500億円(前期比5.4%減)、経常利益220億円(同11.2%減)の従来予想を据え置いている。

東ソーの株価は11時30分現在235円(△1円)。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)