大日本塗料が続騰、コンクリート片はく落防止工法が日本道路公団の規格に適合

 大日本塗料<4611.T>が続騰、後場に入って前日比18円高の197円まで上げ幅を広げ、連日で昨年来高値を更新した。コーティング技術によるコンクリート片はく落防止工法が日本道路公団の規格に適合しており、笹子トンネル天井板崩落事故発生を機に、橋梁やトンネルなどのコンクリート構造物の安全対策強化が急がれるなか、今後の需要拡大が有望視されている。今3月期は2ケタ超の営業増益が見込まれるなど、足もとの業績も好調なことも買い安心感を誘っている。

大日塗の株価は13時27分現在191円(△12円)。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)