トクヤマが続伸、13年3月期の経常損益収支均衡へ上方修正

 トクヤマ<4043.T>が続伸。前引け後に13年3月期の業績予想を従来予想の売上高2605億円、経常損益15億円の赤字から、売上高2585億円(前期比8.5%減)、経常損益収支均衡(前期115億2400万円の黒字)に修正したことを好感。太陽電池向け多結晶シリコンで、利益を重視した販売戦略をとったことやセメント事業の合理化を推進したことなどが要因としている。なお、最終損益は従来予想の25億円の赤字から115億円の赤字(前期93億5100万円の黒字)と赤字幅が拡大する見通し。太陽電池関連部材の供給過剰や半導体関連部材の在庫調整などで事業環境が悪化し、繰延税金資産を取り崩し、法人税等に76億円を計上することが要因としている。

トクヤマの株価は14時14分現在191円(△10円)。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)