三井化学が後場急落、今3月期業績予想の大幅減額を嫌気

 三井化学<4183.T>が後場に入って急落している。きょう午後1時に発表した第3四半期決算は営業91.0%の大幅減益になり、今13年3月期通期業績予想を大幅に下方修正したことが嫌気されている。前回予想の連結売上高1兆4300億円を1兆3900億円、営業利益230億円を50億円、最終損益は50億円の黒字から100憶円の赤字に引き下げた。基礎化学品の販売が伸び悩み、粗利減少に伴い採算が悪化する。為替レートは1ドル83円、国産ナフサ価格は1キロリットル5万6800~6万1000円を前提にしている。

三井化学の株価は14時15分現在214円(▼10円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)