ユーロ続落へ・・・・

再びリスク回避の流れ?
 俄かに、スペイン、イタリアの政治情勢に目が向き始め、昨日から、ユーロが急落を開始しています。今日も、寄り付き後、スペイン、イタリア国債が続落(利回りは上昇)しており、ユーロは対ドルを中心に下値を模索する展開を続けそうです。

 この流れが、2%の大台に乗せて、上昇に加速が付くのではないかと恐れられていた米国債相場をも支え、現在、利回りが1.9%台に押し戻されており、リスク回避の流れがやや強まっています。

 これらの状況がドル円にも影響し、今日のドル円は92円台半ばが重い展開となっています。もし、この後、欧米株式市場も大幅に続落となれば、ドル円ももう少し下値を模索するかもしれませんが、91円台後半では、実需の買い等もあり、下げ止まるものと思われます。