Iスペースが1対200株の株式分割と単元株制度の採用を発表

 インタースペース<2122.T>がこの日の取引終了後、3月31日時点の株主に対する1対200株の株式分割(効力発生日4月1日)と、4月1日より1単元を100株とする単元株制度を採用すると発表した。流動性の向上や投資単位あたりの金額を引き下げるのが狙い。
 また同時に発表の第1四半期(10~12月)連結決算は、売上高31億8700万円(前年同期比30.1%増)、経常利益8200万円(同3.4%増)となった。スマートフォンの普及で広告サービスの需要も拡大していることが業績を牽引。なお、13年9月期通期の業績見通しは売上高146億1600万円(前期比18.1%増)、経常利益7億5000万円(同35.0%増)の従来予想を据え置いている。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)