出光が今3月期通期を大幅上方修正

 出光興産<5019.T>は5日取引終了後に第3四半期決算を発表した。連結売上高は前年同期比0.5%減の3兆1578億2200万円と微減収ながら、営業利益は42.1%減の550億100万円と利益がほぼ半減、原油価格の下落で在庫評価損が発生し、石油製品のマージンも縮小したことで大幅な減益になった。今13年3月期通期は逆に円安による円建てベースの原油価格の上昇で在庫評価益が発生、石油化学製品のマージンが改善することから、前回予想の売上高4兆2800億円を4兆3600億円、営業利益725億円を875億円へ上方修正した。また、配当は期末100円とし、年間配当200円を据え置いた。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)