東京エレクが13年3月期業績を下方修正 最終88%減益に

 東京エレクトロン<8035.T>は5日、13年3月期通期連結業績の修正を発表、売上高は4950億円と前回予想から60億円の減額、最終利益は45億円と同25億円の減額となった。これにより売上高は前期比で21.9%減、最終利益は同87.8%減となる。電子部品と情報通信機器の売上高が想定を下回り利益の足を引っ張った。また、厳しい事業環境に対応してコストの削減努力に取り組んでいるが、半導体装置部門の生産見通しが下方修正されたことで、原価に対する固定費負担の上昇が見込まれている。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)