丸紅が反発、米社と石油・ガス生産の新洋上設備報道を評価

丸紅<8002.T>が反発。6日の日本経済新聞が「丸紅は米石油パイプライン大手と組み、悪天候に強いスーパーと呼ばれる浮体式の石油・ガス生産、貯蔵施設の販売や運営に乗り出し、まずメキシコ湾で総事業費900億円の合弁事業を始める」と報じた。原油開発が深海などに移る中、新方式は操業費の膨張を抑えることができるため、需要が増大すると同社は判断したと伝えており、エネルギービジネスの拡大につながるとの見方から、買いが先行している。

丸紅の株価は9時28分現在686円(△15円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)