日電硝子が反発、タッチパネル用ガラスの強度2割増し報道

日本電気硝子<5214.T>が反発。6日付の日本経済新聞が「日本電気硝子は強度を1.2倍に高めたタッチパネル向け新型ガラスの量産を始めた」と報じた。これまでより約3割薄く加工しても強度を保てるため、スマートフォンなどの軽量化につながると記事は伝えている。

日電硝子の株価は9時53分現在458円(△10円)。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)