<みんかぶ・個人投資家の予想から>=「買い予想数上昇」1位に東洋紡

 「みんなの株式」が集計する「個人投資家の予想(最新48時間)」の6日午前10時現在で、東洋紡<3101.T>が「買い予想数上昇」で1位となっている。

 東洋紡は、液晶ディスプレーの画質向上を実現するフィルムを量産することを手掛かり材料に、株価が動意含みとなっている。同社は、液晶ディスプレー用のバックライト光源のLED化が進むなか、慶應義塾大学の小池 康博教授の「LED光源の特徴と超複屈折フィルムの技術を組み合わせることで、これまでにない液晶ディスプレーができる」という発想をもとに、新しい機能を持つフィルムの共同開発を進めた。生産量は1ライン約1000万平方メートル(月産)で、2015年には、売上高150億円を目指すとしている。株価は140円台から一時、200円台まで上昇していた。

東洋紡の株価は11時01分現在185円(▼2円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)