住友鉱山が反発、資源開発に2000億円投資と伝わる

住友金属鉱山<5713.T>が反発。6日付の日本経済新聞が「住友金属鉱山は2013年度からの3年間で資源開発を中心に約2000億円を投じる」と報じた。ニッケル生産を増やす目的でフィリピンの製錬工場建設やソロモン諸島での鉱山開発を準備し、銅や金でも国内外の鉱山に開発資金を投じ、収益源の多様化を目指すと記事は伝えており、中期的な収益向上要因として注目した向きの買いが入っている。

住友鉱山の株価は11時30分現在1505円(△31円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)