新電元が13年3月期業績予想を上方修正、二輪車向けレギュレーターなど伸長

 新電元工業<6844.T>がこの日の取引終了後、13年3月期の連結業績予想を従来予想の売上高863億円、経常損益3億円の赤字から、売上高880億円(前期比6.6%増)、経常損益15億円の黒字(前期は36億9900万円の黒字)に上方修正した。アジア二輪車市場の復調で主力のレギュレーターなどが増加しているほか、電力全量買取制度を追い風に太陽光発電向けパワーコンディショナーの引き合いが急増したことで売上高が増加。また、為替が円安基調に転じていることもプラスに働いた。
 なお、同時に発表した第3四半期累計(4~12月)連結決算は、売上高613億7000万円(前年同期比1.3%減)、経常利益6億7600万円(同77.7%減)だった。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)