フェンオールが12年12月期経常利益を増額 販売管理費減や為替差益で45%経常増益へ

日本フェンオール<6870.OS>が6日引け後に12年12月期連結経常利益の上方修正を発表。売上高は164億5700万円(前の期比5.0%増)と前回予想並みを確保し、経常利益は11億円から12億3000万円(同45.9%増)に増額した。防災設備機器は順調に推移しており、販売管理費が想定を下回ることや、急激な円安により為替差益を計上することが要因。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)