古河機金が13年3月期業績の修正を発表 トウペ株売却益計上で純損益20億円の黒字へ

古河機械金属<5715.T>が6日引け後に13年3月期連結業績の修正を発表。売上高は前回予想の1640億円(前期比4.1%増)を据え置いたが、営業利益は30億円から27億円(同25.3%増)に減額し、純損益は10億円の黒字から20億円の黒字(前期は16億5900万円の赤字)に増額した。海外市況の回復が遅れている開発機械部門や電子部門の利益が想定を下回り、営業利益は減額となるが、原発事故による損害賠償金と日本ゼオンのトウペへのTOBに応じることによる子会社株式の売却益計上で最終黒字幅が拡大する。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)