カイオム(4583)、大幅反落、弱気形状に変化

上昇相場はすでに終了、下方の窓まで調整か
大幅反落。窓を空けて下落している。チャートが弱気形状に変化したことで、「窓・壁・軸理論」では17340円~21280円に大きな壁があると認識。恐らくこれはファンダメンタルズの壁(割高の壁)であり、上昇相場はすでに終わった可能性が高い。目先は下方の窓(10260円-10350円)に向けて調整することが予想される。