パイオニアが小幅続伸、有機EL照明パネルの生産会社を設立

 パイオニア<6773.T>が小幅続伸。6日付で東北パイオニアの米沢事業所で生産を行っている有機ELパネル事業において、有機EL照明パネルの開発および生産を行う新会社を設立したことを発表した。同社は三菱ケミカルホールディングス<4118.T>の三菱化学と共同で、2011年7月に、発光層を蒸着プロセスで成膜した世界初の「カラー調色・調光型有機EL照明モジュール」の量産を開始している。新会社では、パイオニアが三菱化学と共同開発を進める中で、有機EL照明パネルの大幅な原価低減のため発光層を塗布プロセスで成膜し量産することを目的としており、照明用途に適した性能向上を目指してさらなる開発を推進していく方針で、2014年の本格事業化を目指していく。

パイオニアの株価は10時30分現在250円(△2円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)