ファナックが底堅い、12月機械受注前月比2.8%増に反応

 ファナック<6954.T>が底堅い。内閣府が7日取引開始前に発表した2012年12月の機械受注統計(季節調整値)で、民間設備投資の先行指標となる「船舶・電力を除く民需」の受注額が、前月比2.8%増の7529億円と3カ月連続のプラスとなったことから、NC旋盤など工作機械関連の代表銘柄である同社に買いが集まっているようだ。13年1~3月期は12年10~12月期比0・8%増と2四半期連続の増加を見込んでおり、今後の業績回復に期待感が浮上している。

ファナックの株価は12時54分現在1万4650円(△40円)。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)