<後場の注目銘柄>=エスクリ、足もと受注は好調に推移

 エスクリ<2196.T>の下値突っ込み場面は狙い場。同社はデザイン性を重視した直営施設によるブライダル事業が主な事業。東京23区や政令指定都市を中心に専門式場、ゲストハウス、ホテル、レストランの4タイプを展開している。

 第3四半期累計(4~12月)決算は市場予想を下回ったことから株価は下落したが、足もと受注は好調。八重洲事業所のオープンの遅れが市場予想を下回った一因だが、現在は順調となっている。

 また、同じく新規開設の表参道事業所も受注を増やしており、これらを牽引役に13年3月期は37%営業増益が見込まれる。続く14年3月期は福岡市天神に事業所が開設の予定で、高成長継続が期待できそうだ。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)