カプコンが反落、三菱UFJMSが「ニュートラル」に引き下げ

 カプコン<9697.T>が反落。6日付で三菱UFJモルガン・スタンレー証券がレーティングを「アウトパフォーム」から「ニュートラル」、目標株価を1900円から1800円に引き下げた。昨年12月発売のパチスロ機「バイオハザード5」の販売は好調ながら、パチスロ機の事業環境の悪化などを懸念し、今3月期通期予想は連結営業利益で100億円(前期比18.8%減)と会社側計画と同数値ながら来期予想を当初の174億円から163億円(前期比63.0%増)へ引き下げている。

カプコンの株価は14時25分現在1581円(▼19円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)