新東工が続急伸、シェールガス関連で思惑買い

 新東工業<6339.T>が続急伸で700円台に歩を進めた。同社は鋳造機械製造のトップで自動車向けに実績があるほか、メカトロ設備にも展開する。資源エネルギーへのニーズが世界的に高まる中で、「米政府が今春にもシェールガスなどの天然ガス輸出を解禁する」と7日付の日本経済新聞が報じており、同社は掘削用装置を手掛けていることから、にわかにテーマ買いの矛先が向いている。チャート的にも中段で強弱観が対立しもみ合っていたが、時価は煮詰まっており、5日・25日移動平均線のゴールデンクロス示現が目前のタイミングで仕掛け的な買いが入り株価を押し上げている。

新東工の株価は14時04分現在703円(△31円)。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)