ドル円調整強まるか??・・・

94円まで上昇で達成感か・・・・
 ドル円は、2007年の高値124.14円と2011年の安値75.35円との38.2%が93.99円となる為、矢張り、昨日の94円台乗せにより、目先の達成感を市場は感じている様に思えます。

 今日は、ECBの政策理事会があり、此方では、特に目立った政策変更は行われないと見られていますが、その後のドラギ(ECB総裁)さんの記者会見には注目が集まりそうです。

 先週、LTROの早期返済額が予想を上回った為、短期金融市場での金利上昇が見られました。唯、既に、EONIAと呼ばれるO/Nの指標金利は元のレベルに戻っており、緊張感は薄れています。

 それでも、ドラギさんが、LTRO早期返済は金融引き締めとは無関係だとわざわざ指摘されると、相場は反応して、ユーロは若干、下方向へ向かう様に思います。

 先週からのドル円上昇は、ユーロ円の上昇に引っ張られて、上昇速度が加速した面がありましたので、ユーロが軟調な地合いを強めると、ドル円に関しても、調整局面入りの様相が強まるかもしれません。