大幸薬品が13年3月期業績予想を上方修正、感染管理事業が想定上回る

 大幸薬品<4574.T>がこの日の取引終了後、13年3月期通期の連結業績見通しを従来予想の売上高65億円(前期比2.7%減)、経常利益5億3000万円(同5.0%減)の減収減益予想から一転、売上高71億円(同6.2%増)、経常利益9億円(61.3増)の増収大幅増益見通しに上方修正した。
 秋口以降、ノロウイルスによる感染性胃腸炎の集団発生や季節性インフルエンザの流行開始を背景に感染症に対する衛生対策意識が高まりテレビコマーシャル効果と相まって、同社の感染管理事業が想定を大きく上回ったことが要因としている。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)