玉井商船が13年3月期業績予想を修正、円安や株高寄与で赤字幅縮小

 玉井商船<9127.OS>は7日、2013年3月期業績予想を修正し赤字幅の縮小を発表した。同期の連結営業損益を従来予想の2億2000万円の赤字から1億9000万円の赤字(前年は1億6400万円の黒字)、同経常損益は3億7000万円の赤字から3億円の赤字(同2500万円の赤字)に見直した。連結純損益も1億9000万円の赤字から1億1000万円の赤字(同5億8800万円の黒字)とした。円安進行に伴い為替差損がなくなることや株式市場の上昇に伴い一部の上場株式の評価損が解消されることなどが要因。同時に、これまで未定としていた今期配当に関しては、財務体質の強化を図るため無配(前期は3円配)とすると発表した。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)