ナノキャリアが急反発、「NC-6004」に関する特許について中国で査定受けたと発表

 ナノキャリア<4571.T>が急反発。7日の取引終了後、同社の最重要パイプラインの一つ、NC-6004ナノプラチンに関する出願について、中国特許庁から特許査定を受けたと発表したことを材料視。同特許を取得することで、「NC-6004」の特許保護期間が大幅に延長され、権利が強化されるとともに、ライセンスなどの事業強化にもつながるとしている。
 「NC-6004」は、11年7月から台湾、シンガポールにおいて膵臓がんを対象とした第2相臨床試験に移行し試験を進めている新薬で、足もとでは最終の患者の登録が完了し、試験完了に向けて順調に進捗しているという。また、12年10月からは国内でも固形がんを対象にした第1相臨床試験を開始しており、今後は、欧米でも臨床試験を実施する計画が進んでいる。
 なお、今回の特許査定に伴う13年3月期業績への影響はないとしている。

ナノキャリアの株価は9時29分現在28万8700円(△1万3600円)。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)