サッポロHDが小幅反落、物流コスト削減と伝えられるも利益確定売り

 サッポロホールディングス<2501.T>が小幅反落。8日付の日本経済新聞が「物流2社を統合しコストを削減する」と報じたが、前日まで3日続伸で昨年来高値を更新していたことから、利益確定売りに押されている。傘下のサッポロビールと飲料・食品会社のポッカサッポロフード&ビバレッジそれぞれの物流会社を7月をメドに統合、重複する拠点の統廃合などを進め、2014年までの2年間で計10億円程度のコスト削減を見込むと伝えている。集計中の12年12月期は国内販売の停滞で営業減益が予想されており、来期以降の収益改善が期待される。

サッポロHDの株価は9時46分現在329円(▼2円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)