新興市場(前引け)=ジャスダック平均は反落、マザーズ指数も続落

 8日前引けの新興市場では日経ジャスダック平均は反落、東証マザーズ指数も続落となった。
 日経ジャスダック平均は前日比7円35銭安の1605円66銭。
 ビーマップ、アーバネットが続急落、VTホールディングス、シイエム・シイ、サニーサイド、シンクレイヤ、Aエステールも急落となり、カイノス、Sシャワー、eBASEなども値を崩した。半面、KTK、デジタルデザイン、フィスコがストップ高、シンワアート、ナカニシが昨年来高値となり、平賀、タカチホ、ジェイエイシーリクルートメントが急騰、楽天、USENなども高い。
 東証マザーズ指数は前日比6.55ポイント安の528.61。
 ドリームバイザー、クリレスHDが急落となり、リニカルは4日続落、リミックスポイント、ケンコーコム、エリア、ソケッツなども値を崩しNPC、タカラバイオも安い。半面、ビジネス・ブレークスルーが昨年来高値となり、ファルコム、ワイヤレスGが昨年来高値、UMNファーマが一段高となり、ナノキャリアやスカイマークなども高い。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)