川澄化は軟調、13年3月期の通期営業利益を下方修正

 川澄化学工業<7703.T>は軟調。一時、前日比9円安の564円まで売られている。同社は、7日引け後に、13年3月期の連結業績予想の修正を発表した。従来予想の売上高290億円を283億円(前期比6.7%減)へ、営業利益14億4000万円を7億5000万円(同48.7%減)へとそれぞれ下方修正した。一方、純利益については、2億4000万円を8億円(同46.7%減)へと上方修正した。
 タイでの洪水後の販売回復の進ちょく遅れにより、売上高が予想に比較して減少。また、為替変動に伴うタイ子会社の原価高要因の影響を受け、前回見通しに対し営業利益は下方修正を強いられた。
 一方で、前年度のタイ大規模洪水に伴う保険金の追加内払金の受取額の計上が見込まれることになったため、純利益は拡大する見込み。

川澄化の株価は13時15分現在565円(▼8円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)