<みんかぶ・個人投資家の予想から>=「買い予想数上昇」3位、「売り予想数上昇」4位にニコン

 「みんなの株式」が集計する「個人投資家の予想(最新48時間)」の8日14時現在で、ニコン<7731.T>が「買い予想数上昇」で3位、「売り予想数上昇」で4位となっている。

 6日の取引終了後、13年3月期の連結業績予想を従来予想の売上高1兆100億円、営業利益720億円、純利益600億円から、売上高1兆円(前期比8.9%増)、営業利益480億円(同40.1%減)、純利益380億円(同35.9%減)に下方修正したことや、従来22円を計画していた期末配当を12円とし、年間31円(従来計画41円、前期38円)に減額したことなどを嫌気し、7日にストップ安まで売られ、この日も軟調な展開となっている。
 下方修正の要因は主にレンズ交換式デジカメの市場環境の悪化による。昨年11月のブラックフライデー商戦以降、過当競争によって収益性が悪化したためで、この影響が第4四半期(1~3月)にも残っているためだ。一方で、露光装置を扱う精機事業では、北米の大手MPUメーカーが13年の設備投資計画を大幅に増額する見通しを示していることから、事業環境は改善に向かっている。まだ引き合い自体はきていないようだが、14年3月期は受注が好調なFPD装置とともに増収が期待でき、株価はこれを織り込む展開も予想される。

ニコンの株価は14時39分現在2075円(▼64円)。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)