ビオフェルミンが昨年来高値、花粉症関連として人気

 ビオフェルミン製薬<4517.OS>が6日続伸、昨年来高値を更新した。今年春のスギ及びヒノキ花粉の総飛散数は日本気象協会の予測で関東地方では例年のおよそ1.5倍になると指摘されている。同社は京都薬科大と共同でビフィズス菌と天然植物エキスの配合がアレルギー性鼻炎に極めて強い効果があることを突き止めており、関連銘柄として注目を集めている。無借金経営で財務内容も良好、全般調整下でも買い安心感がある。

ビオフェルミン製薬の株価は13時57分現在2565円(△65円)。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)