太平電業が13年3月期業績見通しの上方修正を発表 復旧関連工事増で経常減益幅が縮小

 太平電業<1968.T>が8日引け後に13年3月期連結業績見通しの上方修正を発表。売上高は660億円から680億円(前期比7.7%減)に、経常利益20億円から34億5000万円(同42.1%減)に増額し、経常減益幅が縮小する見通しだ。災害復旧関連工事の増加や採算管理の徹底によるコスト削減効果が寄与する。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)