ルネサスが13年3月期見通しを下方修正、営業損益が一転赤字に

 ルネサスエレクトロニクス<6723.T>は8日、13年3月期通期連結業績見通しの下方修正を発表、売上高は7700億円(前期比13%減)と従来予想から500億円の減額、最終損益は1760億円の赤字(前期は626億円の赤字)と従来予想から260億円の赤字幅拡大となった。また、営業損益については260億円の赤字と従来予想の210億円の黒字見通しから一転赤字となる見通しだ。中国景気減速などに伴う影響から、自動車向けや電子機器向けに需要が鈍化している。また、大口顧客も需要を減退させており、損失拡大の背景となっている。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)