ホシデンは第3四半期黒字浮上で今3月期通期予想を修正

 ホシデン<6804.OS>は8日取引終了後に第3四半期決算を発表した。連結売上高は前年同期比27.5%増の1782億1400万円と大幅な増収になり、営業損益は前年同期の18億300万円の損失から2億6200万円、経常損益は同25億800万円の損失から23億4200万円、最終損益は同19億500万円の損失から8億7900万円と黒字転換。主力のゲーム機部品が伸び、スマートフォン向けや薄型テレビ、デジタルカメラ、太陽光発電向けも堅調で、為替差益を計上したことにより経常段階の黒字幅が広がった。今13年3月期通期は前回予想の売上高2350億円を2250億円、営業利益10億円を3億円の損失に減額する一方、投資有価証券評価損と為替レートを1ドル80円から90円に見直した結果、経常利益を7億円から25億円、最終損益5億円の損失を15億円の黒字に引き上げている。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)