◎欧米外為市場サマリー

 11日のニューヨーク外国為替市場の円相場は1ドル=94円40銭台と前週末に比べ大幅な円安・ドル高となった。米ブレイナード財務次官が「デフレからの脱却を目指す日本の努力を支持する」と述べ、金融緩和と財政政策による安倍政権の政策に対する支持を表明。これを受け、円はドルに対して売られ2010年5月以来、約2年9カ月ぶりの円安・ドル高水準を記録した。またワイトマン独連銀総裁が「ユーロは著しく過大評価はされていない」と発言。ユーロはドルに対して上昇した。ユーロ円も126円40銭台への円安・ユーロ高が進行した。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)