新日鉄住金が3日ぶり反発、財務改善急ぎ保有株1500億円売却と報じられる

新日鉄住金<5401.T>が3日ぶりに反発。10日付の日本経済新聞が「新日鉄住金は取引先との持ち合い株式などを1500億円規模で売却し、合併により重複して保有する形となった株式を圧縮し、財務を改善する方針」と報じた。資金効率を高めて、機動的な投資に備える狙いもあると記事は伝えている。重複保有先はトヨタやホンダ、パナソニックなどがあり、相手先も同社株を売る可能性があるとしており、一部には株式の需給悪化懸念もあるようだが、きょうは財務改善や資金効率の向上を評価した買いが先行しているようだ。

新日鉄住金の株価は9時21分現在277円(△6円)。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)