ゲンダイが反発、1株を200株に株式分割を好感

 ゲンダイエージェンシー<2411.OS>が反発。同社は8日、株式分割と単元株制度の採用を発表、100株を1単元とする単元株制度を採用し、3月31日の現在の株式を実質的には1株を200株に分割する。これによる株式流動性が高まるとの思惑が押し目買いを誘った形だ。同社はパチンコホール向け広告制作を手掛け、今3月期は2ケタ営業増益を見込むなど業績も好調が見込まれている。

ゲンダイの株価は9時25分現在10万9200円(△400円)。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)