蛇の目が急反落、13年3月期予想下方修正を嫌気

 蛇の目ミシン工業<6445.T>が4日ぶり急反落。同社は前週末8日に13年3月期通期見通しの下方修正を発表しており、これを嫌気する売りが優勢となった。売上高は従来予想を据え置いたが、営業利益は20億円(前期比15%減益)と従来予想から2億円の下方修正、最終利益は1億円(同52%減)と従来予想の5億円から4億円の下方修正となった。下期に入りアジア市場における設備投資需要の急減速による低迷が1~3月期も継続する懸念があるほか、同社は海外に主力生産拠点を擁することで急激な円安も営業外損益を悪化させる要因となっている。

蛇の目の株価は9時45分現在85円(▼12円)。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)