ウェブクルーが大幅続落、第1四半期経常減益を嫌気

 ウェブクルー<8767.T>が大幅反落。8日の取引終了後、第1四半期連結決算を発表しており、売上高40億8600万円(前年同期比16.5%増)と2ケタ増収となったものの、経常利益が2億8400万円(同6.6%減)と減益に終わったことを嫌気。主力の保険サービスをはじめ、車関連事業、メディアレップ事業などが伸長し売上高を押し上げたが、広告費の増加などが利益を圧迫した。なお、13年9月期通期の業績見通しは売上高200億円(前期比22.5%増)、経常利益25億円(同42.7%増)の従来見通しを据え置いている。
 また同時に、100万株(発行済み株式数の4.95%)、7億円を上限とする自社株買いを発表したが、これに対する反応は薄い。なお、取得期間は2月12日から6月30日まで。

ウェブクルの株価は9時47分現在530円(▼65円)。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)