カネカが急伸、4~12月期業績好調で割安感から見直し買い

 カネカ<4118.T>が急伸。同社は前週末8日、12年4~12月期の決算を発表、最終利益が66億2200万円と前年同期比で約2.2倍の高い伸びを示していることで、これが買い手掛かりとなっている。合成繊維事業が海外で伸びているほか、電機向け電子基板材料が好調で業績に寄与。また「コエンザイムQ10」など機能性食品素材の利益率も改善しており収益を押し上げている。指標面では3%を超える配当利回りが光るが、一方でPBRは0.7倍台強と割安に放置されており、見直し買い本番から昨年3月につけた昨年来高値530円が視界に入ってきた。

カネカの株価は10時00分現在514円(△24円)。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)