ニッパツが反発、4~12月期純利益の5割増益を好感

 ニッパツ<5991.T>が反発。株価は一時前週末比20円高の831円まで買われた。為替の円安進行に加え、好調な業績が好感されている。8日に発表した2012年4~12月期の連結売上高は前年同期比16.2%増の3750億6800万円、純利益は同50.3%増の161億8800万円と大幅な増収増益となった。懸架ばね事業が国内外での自動車増産により大幅に伸びたほか、自動車用シート事業も好調。13年3月通期の純利益は、前期比25.4%増の210億円と最高益を更新する見込み。円安に伴う収益の一段の拡大も期待されている。

ニッパツの株価は10時24分現在824円(△13円)。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)