Vテクが5日続落、第3四半期累計決算経常赤字転落を嫌気

 ブイ・テクノロジー<7717.T>が5日続落、前週末8日に発表した第3四半期累計(4~12月)連結決算が、売上高22億7600万円(前年同期比81.4%減)、経常損益9億7600万円の赤字(前年同期7億8700万円の黒字)に終わったことを嫌気。パネルメーカーによる設備投資減少の影響を受け売上高が減少したことが響いた。なお、13年3月期業績予想は売上高70億円(前期比48.8%減)、経常損益6億3000万円の赤字(前期5億9700万円の黒字)の従来予想を据え置いている。
 また同時に、中国大手液晶パネルメーカーより新設ライン向け検査関連装置を15億円で受注したと発表した。同案件の売り上げ計上は来期の予定で、このほか他大手液晶パネルメーカーからも新設ライン向けの案件の引き合いを受けていると併せて発表している。

Vテクの株価は10時30分現在24万300円(▼7800円)。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)