三越伊勢丹が高い、大阪梅田店の収益再建に期待

 三越伊勢丹ホールディングス<3099.T>が買われ、一時前週末比34円高の942円まで上げ幅を広げた。8日取引終了後に発表した第3四半期決算は微減収ながら、連結経常利益は前年同期比24.0%減の261億8300万円と大幅減益になったが、収益悪化の要因になった大阪梅田店について8日付の日本経済新聞が「3月中をメドに共同出資するJR西日本と再建策をまとめる方向で調整している」と報じたことで、収益回復が期待された。大阪梅田では阪急うめだ本店が全面開業、競争が激しくなっており、JR大阪三越伊勢丹の営業外損益を80億円程度悪化させたもようと伝えている。

三越伊勢丹の株価は11時30分現在939円(△31円)。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)